ドラムレッスン “曇天” の叩き方 DOES

スポンサーリンク




ドラムレッスン(drumlessons)

アニメ「銀魂」オープニング曲
DOES “曇天” (どんてん)

slowly played drum cover.

曇天”をスローテンポで演奏しました。
私の主観ですがこの曲の叩き方のポイントになる箇所をお伝えしたいと思います。

まずはこの曲のメインとなるリズムパターンですがロックの王道8ビートパターン
2.4拍でスネアドラム、バスドラムの1.3拍での8分音符2連打というパターンです。
ただ、イントロとAメロ後半は4分音符

Aメロ前半とサビは8分音符と刻みが変わります。(Aメロ前半はハイハット、サビはライドシンバル)

とにかくテンポが速いので初心者の方は8分音符刻みのときは苦労されると思います。
この速いテンポで8ビートを叩くにはダウン&アップストロークの習得が必要です。
8ビートのダウン&アップストロークについては動画「基本8ビートの叩き方 ダウン&アップストローク演奏方法」を参考にしてみてください。

初心者の方で曲のテンポ優先したい場合はハイハットとライドシンバルの刻みを8分音符から4分音符に変えて叩いてみてください。
その他に8ビートを両手で叩くという方法もあります。

この楽譜のように手を左右交互に動かしてスネアドラムを右手のみで叩きます。
詳しくは動画「両手を使った高速8ビートの叩き方」を参考にしてみてください。

<<下へ続く>>

Kornz MUSIC LESSON.net ♪体験レッスン受付中です

スポンサーリンク




続けてこのリズムパターンの足の動作について説明します。
原曲のテンポでバスドラムの8分音符2連打を叩くには足のダブルストロークを使います。
足のダブルストロークにはいくつか方法があるのですが、ここではトゥー&ヒール(つま先からカカト)という方法を説明します。
まずこの動画をご覧ください。

ヒザの上下1回で2打叩いているのが分かると思います。
1打目は2打目を素早く叩くために跳ね返らせたいのでフットペダルのボードと足の接地面積を小さくします。
ちょうどカカトを大きく上げてつま先でボードをつつくイメージです。
この時ヒザが上がります。
1打目で跳ね返ってきたビーターを抑え込むように2打目でドスンと足の裏全体をボードに落とします。
この時ヒザが落ちます。
私の経験上、最初は立って練習するとコツがつかみやすいと思います。
初心者の方でテンポ優先で演奏したいときは無理に2連打せずに1打にしてみてください。

次に間奏のリズムパターンです。

このパターンは右手のクラッシュシンバルとバスドラムを4分音符刻みでキープしながら
左手のスネアドラムを3拍4連で叩くというリズムパターンです。


上の譜面では16分音符に区切ってスネアドラムの叩く位置を表示してみました。
スネアドラムが1拍目から16分音符で3つずつ移動しているのが分かると思います。(4拍目は4つです。)
1拍ずつどのタイミングで叩くのかを把握してこのパターンを繋いでいってみて下さい。
メトロノームで16分音符をゆっくり鳴らしながら練習すればできるようになると思います。
位置がよくわからないという方は音の鳴り方で覚えましょう。
言葉で書くと「ターンターンターンターンタンウン」となります。(ウンは休みです。)
テンポを上げていくのは大変だと思いますがくじけずに練習頑張ってください!Enjoy Drums♪

Kornz MUSIC LESSON.net おすすめの電子ドラムセット
すべてのパッドが8インチで消音性の高いメッシュヘッドと10インチシンバルパッド標準装備♫
コストパフォーマンスも高い「Alesis アレシス Nitro Mesh Kit」です

Kornz MUSIC LESSON.net ♪体験レッスン受付中です

原曲はこちら

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です